2020/09/17

お知らせ

SONGES 蔵前は 2021年2月Open予定となりました。

沢山の思いを込めて準備をしております

素晴らしいお菓子と共にお客様とお会い出来る日を

楽しみにしております。

2020/07/08

ECOLE

『ECOLE SONGES』

   エコール ソンジュ

もう一つの事業が学校です

基礎から学ぶお菓子教室からプロフェッショナルを育てるスタージュまで

実力に合わせて学ぶ事ができます。

2020/07/05

お知らせ

『SONGES』 Openは10月中旬頃を予定しております

*Open前に招待制でのレセプションを行います

*Open当初のイートインはおやすみします

*デザートは1日限定2組み(13:30~16:30~各1組みとなります)

*デザートの形態が変わります

*デザートサロン(デザート3品と紅茶) 

*スペシャルデザートコース(デザート4品にペアリングティーと紅茶or珈琲を合わせます) 

*焼き菓子はクッキーやパウンドにクッキー缶とホールの焼き菓子が並びます

*生菓子は特注のショーケースに8~10種類用意するつもりです。

写真撮影者 三浦咲恵

アムステルダムにてフィルム撮影

 

2020/06/07

お知らせ

『SONGES』
蔵前の物件の建築工事が再開されました
昨年の9月に契約して8ヶ月やっと
動き出しました。
マンション自体の工事が始まって店舗工事が入れる日程等はまだはっきりと予定がでていませんが秋には多分Openできると思います。

フイルム写真撮影 三浦咲恵
2020年2月アムステルダムにて

2020/04/06

お知らせ

『SONGES』Openは2020年夏〜秋頃となります。

2020/02/11

今後の予定

新店舗Openは4月中旬頃となりました

Open前の招待制レセプションを行います

*4月下旬よりお菓子教室スタートします

       ホームページ上にお菓子教室のページを近くアップします

*SONGESメールアドレスは後ほどアップします

*平日のアルバイト募集

    朝9:00~12:00 の3時間店内の掃除のみの仕事です

      勤務日数は1日~4日の間  時給¥1,200~¥1,500(勤務条件により)

      お問い合わせ4月中旬までecolececile@kyukyoku-no-sweets.net

2019/12/09

pâtisserie

『SONGES』

立ち上げ図面です

*スケルトンで見たお店の全体図で奥のガラス張りの部屋は

デザートサロン専用です

*中に入って右側の生菓子と焼き菓子のショーケース後ろは

クッキー缶の棚のキャビネットここ至るところに凝っています

*ショーケース側から見た棚とイートイン席

*その他の図面です

大幅に予算オーバーなのでこれから詰めていきますが

この形は基本変わりません

それは提供するお菓子のクオリティと店のクオリティは同じで

なければいけないからです。

2019/12/07

デザートサロン

1年を通し旬の果物を使ったデザートのフルコースです

*1月

『苺とピスタチオのデザートサロン』¥8,600

*2月

『Bean to Bar チョコレートのデザートサロン』¥10,000

*5月

『パイナップルのデザートサロン』¥6,800

*7月

『西表島アップルマンゴーのデザートサロン』¥10,000

*7月

『桃のデザートサロン』¥6,800

*8月

『無花果のデザートサロン』¥6,800

*9月

『葡萄尽くしのデザートサロン』¥8,600

*10月

『瀬戸内レモンのデザートサロン』¥6,800

*11月

『洋梨と栗のデザートサロン』¥7,000

*12月

『紅まどんなのデザートサロン』¥7,000

完全予約で2名様~8名様で大きなテーブルにてお相席となります。

写真『紅まどんなのクレープシュゼット』

2019/12/06

Noël

フランス・アルザスのクリスマスマーケット

毎年11月12月ストラスブールの街中がクリスマスイルミネーションで輝き

スパイス入りホットワインを飲みながらマーケットを楽しみます

来年のクリスマスマーケットには行って店内の飾りを買ってきます。

2019/12/01

熟成黒ケイク

 

熟成させながら1年かけて味の変化を楽しむお菓子

フランス・アルザス地方ストラスブールの伝統菓子で

漬け込みフルーツと極限まで焦がしたカラメルを加えた

フルーツバターケーキ

低温で長時間焼くことでしっかりと生地に火を通し

焼き上がりに大量のラム酒を打つことで殺菌する事ができ

木の板重で3~4日寝かせてからカットして(現在は)特殊な

セロファン紙で包装して箱詰めして1年の熟成をさせます

出来立てから数ヶ月ごとに変化してゆく味を少しづつ切り分けて

お召し上がりください。

アルザスでも見かけなくなった黒ケイクは他では味わえないお菓子です